読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

助産師が不妊治療を経験してわかったこと

子宮内膜症のため手術→不妊治療開始→体外受精で妊娠・出産した助産師の記録

TSH値のその後

潜在性甲状腺機能低下症

 一昨日は内分泌内科の定期受診日で、甲状腺の状態を診察していただきました。

 心配していたTSH値は2.20μIU/mLに低下しており、少しホッとしました。

 4月にチラーヂンの内服を開始してからというもの、なかなか値が落ち着かず、チラーヂンの増量を重ね、ようやくTSHが2.5μIU/mL以下になったのは採卵前でした。

 なので、今回もチラーヂンを増量してもあまり効果が出ないのではと不安に思っていました。

 これからも慎重に管理していかなければなりませんが、ひとまず安心です。

 TSH値は来週胎嚢確認の受診時にも婦人科でチェックしてもらうことになっています。

 しばらくは、不妊治療通院先の病院と定期受診している病院の内分泌内科二本立てでフォローしていただくことになりそうです。

 そして、チラーヂン増量のため今まで感じなかった動悸がかなり激しくなってきました。

 でも、とにかく値をコントロールすることが大事なので、耐えるのみです。