読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

助産師が不妊治療を経験してわかったこと

子宮内膜症のため手術→不妊治療開始→体外受精で妊娠・出産した助産師の記録

情報の取捨選択ーデマに惑わされないためにー

その他

 色々と書きたいことがあるのに、PCに向かうまとまった時間がとれないまま日々が過ぎていきます。

 娘は7ヶ月になり、離乳食は1日2回になりました。

 大分手抜きをして適当にやっていますが、それでもキッチンに立つ時間が多くなりました。なるべく食材を使いまわすべく、大人のメニューと子どものメニュー両方を考えるのはなかなか頭を使います。

 それから、娘は、私が寝かしつけしないと寝なくなってしまいました・・・。

 夫ではギャン泣き。

 比較的すんなり寝てくれるので楽ではありますが、それでも私の担当が増えてしまって自由時間が少なくなるのは辛いです。

 

でたらめなネット情報に注意

 今日は、情報に関することを。

 不妊治療時代もよく感じていたことですが、妊娠・出産・育児に関しては不確かな情報がネット上にあふれています。

 そもそも、妊娠・出産・育児に関してはデマやニセ医学がはびこっていますが。

 自分が知りたいキーワードを入れてちょっと検索してみると、まとめサイトなど不確かなサイトが真っ先に現れるのが通常です。

 専門家が発しているサイトなどには全然たどりつけません。

 しかも、何か調べたい時ってわからなくて不安な気持ちも同時に抱えていますよね。

 そういう気持ちにつけこむように、例えば「不妊にはこれが効く!」という怪しげな民間療法からサプリメントの紹介、骨盤矯正を謳う商品の紹介などがネット上ではよくなされています。

 そういった怪しげなものは、大体、「今の状態を放置すると取り返しのつかないことになる」と私たちの現状を一気に不安にさせ、その不安を解消するためにはと変な療法や商品を売りつけるやり口です。

 また、昨年末に問題になったように、素人のライターさんが医療監修も受けずに自身の経験や聞きかじり等に基づいて記事を書き、それを掲載しているサイトもたくさんあります。

 

内閣府の関連リンク集がお勧め

   今の時代、簡単に情報は入手できるけど、正確な情報を手に入れるには、それなりの労力を要するものだと思います。

 自分が知りたいキーワードを入れても、なかなか正確な情報にはたどり着けません。

 なので、妊娠・出産・育児に関する情報を入手したい時には、こちらの内閣府の関連リンク集から探してみることをお勧めします。

 関連リンク - 少子化対策:政策統括官(共生社会政策担当) - 内閣府

 キーワード検索で上位に挙がってくる、誰が書いたのかよくわからないまとめ記事、あまりにも極端なことを主張していたり(例:ワクチンは人間にとって毒であり、感染症にかかって自然に免疫を獲得することが身体に優しいとか)、「〇〇しないと妊娠できない」という脅し系の主張をしていたりするサイトには近づかない方がよいと思います。

 正しい医学的知識、根拠に基づいて記事を書くには、かなりの労力と時間を要します。まとめサイト等の記事は、こういった下調べもなく、正しい知識もなく、書かれたものが多いです。

 私も、医学的なことをブログに書く時には、誤ったことを書かないように専門書や学会等の公的なサイトで調べたり、見直したりしています。

 そのように気を配ってはいますが、私の記事を全面的に信用しないようにお願い致します。

 このブログは流産や採卵に関する記事へのアクセス数が多いです。周囲に聞きにくい分野なので、「こういうケースもあるんだな」くらいで私の経験を参考にしていただければと思うのですが、私の経験が全て標準的なものではありません。

 ご自身の状態に関しては、ネットで得た情報を鵜呑みにして信じるのではなく、主治医に相談し、方針を決められることをお勧めします。

不妊治療はよい経験になったと言えるのか

不妊治療中の気持ち 稽留流産

できれば逃れたかった経験

  育児に追われている現在ですが、ふと不妊治療をしていた頃を思い出すことが度々あります。

 夢中で治療に心を砕き、過密なスケジュールを綱渡りでこなしていた日々。

 卵子の成長と数、受精卵の数、分割して胚盤胞まで達した数、グレード・・・・。

 移植したら着床するか心配し、着床後は流産しないかハラハラ・・・。

 自然妊娠の場合は可視化できない小さなステップが目の前に提示される分、次から次へと心配や不安が起きていました。

 心身への負担はもちろん、経済的負担も大きかったですし。

 今振り返ると、よくあんなに大変な思いをして治療をしたものだと、あの時の自分を褒めたい衝動に駆られます。

 そんなストレスフルな不妊治療ですが、助産師をしていたからか、周りからたまに、

 「大変だったと思うけど、いい経験になったね。なんだかんだ言っても子ども授かれたんだから、ほんと良かったじゃん!」

 「復帰したら、不妊治療をしている人の苦しみがよりわかるようになるんじゃない?」

と言われたことがありました。

 いやいやいや・・・・。

 はっきり言いますが、私は娘を授かった今でも、「不妊治療が自分にとってよい経験になった」なんてひとつも思っていませんし、思えません。

 できることなら、あんな大変な思いをせずに妊娠し、出産したかった。

 それだけです。

 この気持ちには変わりありません。

 それは流産経験についても同じことが言えます。

 あの苦しみは経験しなくて済むなら味わいたくなかった。

 流産の苦しみが仕事に生かせると感じたり、経験してよかったと思ったりしたことは一度もありません。

 

全ての経験を肯定できるわけではない

  人間は自分の歩みを否定したくはないので、前向きに考えたり、記憶を無意識に美化しようとするものなのかもしれません。

 だから、「どんな経験でも無駄ではない」とか「あの経験があったから今がある」と経験を糧にするものだと思います。

 でも、全部が全部そのように思える経験ばかりではないですし、経験しなくてもよかったことだってあるはずです。

 もちろん、すべての経験を意味あるものとして、肯定的に捉えて頑張る人もいるので、それについては否定しません。

 ただ、当事者がとてもとても辛くて、取り返しがつかないと感じている経験に関しては、いくら慰めだとしても他人が経験を肯定的に捉えるように勧めたりするのは、何か違うのではと思います。

 

 第二子を考えると、もれなく不妊治療や流産への恐れがついてきます。

 特に不妊治療には、育児しながらまたあの大変な思いをするのか・・・というげんなりした気持ちを感じます。

 そんなこともあって第二子に関しては迷い、悩んでいる段階で、でも希望するなら今年の内には治療を再開しなければと考えているところです。

 

あけましておめでとうございます

その他

 2017年がスタートしました!

 毎日お天気に恵まれて気持ちのよいお正月ですね。

 

 我が家のお正月は、娘の初めての風邪のため、帰省はキャンセルしてずっと家にこもっております(笑)。

 義両親に娘を会わせてあげられず本当に残念でした。

 そして、慌てて買ったおせちは食べたものの、お正月気分とは程遠い毎日・・・。

 普段と何ら変わりない日々です。 

 でも、咳と鼻水がひどかった娘が今は回復傾向にあるのでホッとしています。

 と思ったら、今度は夫が風邪気味なんですけど・・・(涙)。

 

 2017年もマイペースにブログを続けていきたいと思います。

 育児ネタが多いと思いますが、内膜症の経過なども綴っていきます。

 また、今年の後半からは不妊治療を再開するかもしれません。

 あくまでも予定ですが。

 内膜症やら年齢を考えると、ゆっくりしていられないのが現状です。

 

 2017年も皆様にとってすばらしい1年になりますように!

 

2016年もあとわずか

その他

 今年も残すところあと2日。

 2016年は妊娠→出産→育児と変化がめまぐるしく、あっという間に過ぎ去ってしまいました。

 特に、出産してからはのんびりとマイペースだった二人暮らしから激変し、笑ったり泣いたりへこんだり、怒涛のような毎日でした。

 でも、娘へのいとおしさが日々増すばかりで、娘を授けていただけたことに心から感謝です。

 来年も娘の成長に伴いますます忙しくなるのでしょうが、身体に気をつけて頑張らなくては!

 自分の時間が減って、ブログ更新も滞りがちですが、来年も細々とブログを続けていきたいと思っています。

 2017年もよろしくお願い致します。

 

 

 明日から夫の実家へ帰省予定でしたが、なんと、ここまで元気に育ってきた娘が昨日から咳、今日から鼻水の症状ありで、発熱はないものの、帰省は難しいかしらと思っています。

 感染経路はたぶん、予防接種で行った小児科・・・。

 インフルエンザやらノロやらの大流行に伴い、午前中の診療が予防接種時間枠に食い込んでいたんですよね。

 で、その小児科の対応も問題ありで、感染症の患児と予防接種の子どもが同じ部屋で待たされたので、おそらくその時に何かしらのウイルスを貰ってきたのだと思われます。

 気をつけていたのに、このタイミングで・・・・・。

 泣けます(涙)!

 皆様もどうかお気を付けくださいませ。

産後の抜け毛がひどい!

その他

恐怖の抜け毛

 

 恐れていた産後の抜け毛。

 職業柄知識はありましたが、出産経験者の友人から「髪の毛、すごい抜けるよ・・・」と聞いていたので、どんなものかと出産後はドキドキしていました。

 で、髪をショートボブにし、美容師さんからは「前髪がスカスカになるんですよ。だから厚めにしておくことを勧めます」と言われ、前髪を厚め&短くして準備していましたが・・・。

 出産後3ヶ月経った頃、ついにきました!!

 シャンプーの度に指にからまる大量の髪の毛や髪の毛で真っ黒になるお風呂場の排水口を見て、「もうハゲる・・・!」と恐怖におののく毎日。

 そして、掃除をしてもしても、床に落ちている髪の毛の多さに愕然。

 娘を抱っこしながら、拾って捨てるの繰り返し。

 助産師をしていた時に、本当に髪の毛がなくなって全体的に禿げてしまったママさんを見たことがあったので、私もあんなふうになるのかなと不安に思っていました。

 ところが、最近は少し落ち着いてきまして、抜け毛の量が減ってきたように思います。

 

産後の抜け毛のメカニズム

 

 髪の毛には、成長する成長期、抜け落ちる退行期、次に生えるまでの休止期があり、一定のサイクルでこれらの状態を繰り返しています。

 ところが、妊娠中はエストロゲンのホルモン作用により、毛が生えている状態が長くなり、抜け毛しにくくなる状態が起こります。

 妊娠中、髪の毛が多くなった気がしたり、体毛が濃くなったりするのはこのためです。つまり、見かけ上、髪の毛がいつもより多い状態になるのです。

 しかし、出産後は急激にエストロゲンが低下し、妊娠中抜けなかった髪の毛が一気に正しいサイクルに戻ろうとします。

 これが曲者で、そのために一気に抜け毛が始まるのです(涙)!!

 ただ、これは女性ホルモンのなせる業なので、いつまでもこの状態が続くわけではなく、大体産後6ケ月くらいから抜け毛は減っていき、産後1年も経てば元通りに回復します。

 私もそろそろ収まってきた頃なので、回復しつつあるのかなーと思っています。

 

 最後に、今年8月に米国皮膚科学会がおこなった産後の抜け毛対策に関する情報提供がありますので、リンクを貼っておきます。(もしかしたら、会員じゃないと中身が見れないかもしれないので、下に情報提供内容も引用しておきます。)

 

 過度の脱毛に悩む女性に対して米国皮膚科学会は

  •  髪のボリュームを出すタイプのシャンプーを使う。このタイプのシャンプーは、毛髪をコーティングする蛋白などを含んでおり、髪を豊かに見せる。
  •  リンスインシャンプーは避ける。このようなシャンプーに含まれるリンスは強力なため、髪の張りが失われてボリュームが少なく見えることがある。
  •  軟らかい髪用のリンスを使う。配合成分がマイルドなので、髪のボリュームが落ちない。ラベルに「強力」とあるリンスの使用は避ける。
  •  リンスはなるべく毛先だけにする。頭皮や毛の根元にはリンスをつけない方が、髪のボリュームが保たれる。
  •  髪型を変えてみる。スタイルによっては髪を多く見せることができる。美容師と相談して、自分に合ったカットやスタイル、色を選ぶとよい。化学薬品によるトリートメントや過度のスタイリングは、脱毛を促進することがあるので避ける。

といったことが推奨されています。

 

<参考サイト>

www.m3.com

 

www.aad.org

 

 

寝かしつけ大作戦

育児のこと

 娘が生まれてから、いちばん大変だったのは寝かしつけでした。

 先日の記事に少し書きましたが、生まれてから3か月くらい、とにかく娘はなかなか寝ない子でした。まあ、新生児だったり、まだ生活リズムがついていなかったりした頃なので、当たり前といえば当たり前なのですが、夫と共にげっそりする毎日・・・。本当に辛かったです(涙)。

 そんな娘との格闘の記録を今日は残しておきたいと思います。

 

添い乳にトライ

    前回の記事に書いたように、生後1ヶ月くらいは沐浴→授乳→抱っこでゆらゆらして寝かせるという方法で寝かしつけていました。

 ところが、これは寝るまでにとにかく時間がかかり、こちらが眠い時には修行のように感じる作業でした。

 色々考えた末、1ヶ月を過ぎたあたりから添い乳での寝かしつけにトライしてみることに。

 すると、なんとなんと、約10分以内で寝てくれるではありませんか!

 いやー、もっと早くトライしてみればよかった・・・と思うくらい、寝かしつけが一気に楽になりました。もっと早くに添い乳を試そうかと思ったこともあったのですが、娘が小さく、窒息が恐くて躊躇していたのです。

 これで本当に楽になり、苦痛から逃れられてホッとしたのを覚えています。

 しかし、その幸せな日々は長くは続きませんでした・・・。

 

添い乳もダメに・・・

  最初はすんなり寝てくれた娘も、次第に、寝たタイミングを見計らって私が口から乳首を外すとしっかり覚醒してしまったり、寝て30分位で起きてしまったりするように。

 また、徐々に添い乳を開始して寝るまでの時間も長くかかるようになりました。

 そして、添い乳での寝かしつけに失敗すると、娘は再度添い乳しても寝ず、ギャン泣きを始めます。

 抱っこでゆらゆらしても一向に寝ない娘は泣き叫ぶばかり。

 20時頃から寝かしつけたはずなのに、すでに0時を回ることがしばしばありました。

 夫と途方に暮れ、交代であれこれしている内に、電池切れのように急にコトンと寝る娘。

 毎晩毎晩「今日はうまく寝てくれますように」と祈り、娘が寝るまで緊張の糸がピーンと張りつめた状態でした。うまくいった日はホッとし、ダメな日は本当にブルーでした。

 

作戦成功!

  添い乳の絶大な効果が薄れていくにつれ、私と夫は新たな寝かしつけ方法を考えました。

 一つはベビーラップで寝かしつけしてからベッドに移す、もう一つは輸送反応を利用して抱っこのまま歩き回り、娘が寝たタイミングで一緒にベッドに入って添い寝をするという方法でした。

 しかし、ベビーラップを使った方法はすぐに寝てくれるもののベッドに置くと起きる、輸送反応を利用した方法は体重が増えていくことを考えるといつまでもできる方法ではなく、やはり寝付くまでに時間がかかったり、寝たと思ってベッドに置くと起きたりするという問題点が生じました。

 ほとほと困り果てた私たちは、娘が3ヶ月になった頃、ついに「ねんねトレーニング」の本に手を出しました。

 この手の本には「こうすれば寝ます!」という魔法のような方法が書かれているわけではありません。でも、本を読んでみて、その時おこなっていた寝かしつけの方法は変えた方がよいことがわかりました。

 そして、本を参考にして夫と話し合い、子どもにとって安心かつ私たちが楽な方法、将来的に続けられそうな方法にしようということになり、「添い寝して背中をトントンする」寝かしつけをすることにしました。

 最初からうまくいくわけはないし、ものは試しだと思った初日。

 娘とスキンシップをいっぱいはかった後、消灯して、ベッドで添い寝。

 「今日からはこうやって寝ようね」と話しかけ、背中をトントン。

 娘は泣き出しました。

 「仕方ない、長期戦で頑張ろう」と思いながら、泣いている娘の背中をトントンし続けます。

 すると、娘は徐々に泣き止み、信じられないことに10分後にはすやすや・・・。

 すぐに目覚めるかと思いきや、30分経っても1時間経っても、娘は起きずに寝ています。

 あまりにもあっけなくて、今までの苦労は何だったのかと拍子抜けしました。

 また、これは初日だけかと思いきや、翌日もその次の日も、背中トントンですんなり寝てくれました。

 そして、今もこの方法で寝てくれます。

 夜泣きも今のところなし。

 それでも夜中の授乳後は背中トントンだと泣く可能性があったので添い乳で寝かしていましたが、今はもう、夜中の授乳後もベッドに寝かせると、泣かずにそのまま一人ですぐに寝てくれます。

 夫でも私でもどちらでも寝かしつけられるので、私も負担がぐっと減って楽チンになりました。

 

 おそらく、この方法は時期的なタイミングとぴったり合ったがゆえに成功したように思います。

 新生児の頃にやってもダメだったでしょう。

 今、夫と振り返っても、寝ない時期は本当に地獄のようで辛かったという感想しかありません(笑)。あの時の私に「大丈夫、ちゃんとぐっすり寝てくれる日が来るからねー」と言ってあげたいです(笑)。

 今や娘はとにかく良く寝てくれる子になり、助かっています。

産後のメンタルと睡眠不足

育児のこと

 出産からすでに5ヶ月近く経っていますが、今日は出産後辛かったお話を。

 私が産後いちばん辛かったのは、睡眠不足でした。

 思うように眠れないのは知っていて、覚悟はしていたものの、それは「何の修行だろうか・・・」と思うほどでした。

 

退院日の夜

 新生児は、昼夜の区別がついていません。

 助産師の仕事をしていた頃よく遭遇したのは、夜中に活発になってお母さんを睡眠不足にしていた赤ちゃんたち。

 娘も同様で、入院中は私の夕食時間くらいから活発になっていました。

 ただ、私はかなりひどい貧血でまずは体力回復が先ということで、夜中は授乳以外の時間は娘を預かってもらっていました。だから、細切れでもまだ少しは睡眠がとれていたように思います。

 さすがに退院後は眠れないだろうなと思いつつ退院。

 その予感はまさに的中しました。

 退院した日の夜、授乳もして「さあ、寝ましょう」と私も一緒に寝ることにしたのですが、一向に寝ない娘。やっと眠りについて私もうとうとしかけた頃、娘はぐずぐずし始めました。リビングで授乳して寝かしつけようとしても、泣いて寝ない娘。寝室では夫が寝ているし、リビングの横の部屋では手伝い&顔を見に来た両親が寝ているし、皆を起こしたくなくて仕方なく空いている部屋で真っ暗な中、娘を抱きながら揺れ続けました。で、寝たので寝室に戻り、ベッドに置くとまた娘はぐずぐず・・・。抱き上げると泣き止みましたが、これじゃ眠れない、どうしようと朦朧とした頭で考えていたのは覚えています。私は娘を抱いたまま夫の足元に転がって寝ていたようで(気絶していたようなものです笑)、気づいてびっくりした夫の「あれ?大丈夫?」という声で我に返りました。そうこうしているうちに、また泣き出す娘・・・。これが朝までエンドレスで続きました。

 

睡眠不足で心がボロボロに

 それでも、まだ最初の内はこれでも何とか頑張れましたが、次第に夜になるのが憂鬱になってきました。

 日中沐浴していたのを夜寝る前にして授乳後寝かせる、とか色々と対策をとってみたものの、やはり寝る頃になると目をしっかり開けてぎらぎらさせている娘。やっと寝かせても、夜中に授乳で起きると、また寝ない・・・。

 夜中の2時とか3時に、いつ寝るかわからない娘を抱いたまま、一人ぼっちでずっと寝付くまで抱っこで揺れ続けているのは、すごく心細かったです。

 これがいつまで続くんだろう、寝たい時に寝れなくて、やっと眠れたと思っても眠さのピークで起こされて辛い・・・、そんな気持ちしかありませんでした。

 そうやって睡眠不足が続くと、ろくなことを考えません。

 育てていけるだろうかと不安で涙がポロポロこぼれたこともありました。

 夫もそんな私の姿に気づき、気遣ってくれましたが、日中の仕事に影響を与えるわけにはいかないと、私は「大丈夫」と言うしかできませんでした。また、見かねた実母が夜中に起きてきて、寝ない娘を一時的に預かると申し出てくれたのに、「母親なんだし、甘えちゃいけない」と変な責任感で申し出を突っぱねていました。

 今考えれば周りに素直に甘えてやり過ごせばよかったと思いますが、その時は正常な判断ができないほど、睡眠不足で追い詰められていました。

 産後うつの一歩手前だったかもしれません。

 本当に、睡眠不足は人をダメにすると思い知った産後でした。

 これから出産を迎える方々には、眠くなくても日中赤ちゃんが寝ていたら一緒に寝る、周りにどんどん甘えることを心からお勧めします!