助産師が不妊治療を経験してわかったこと

子宮内膜症のため手術→不妊治療開始→体外受精で妊娠・出産した助産師の記録

流産のその後

 すっかりブログの更新が途絶えていました。

 今日は前回の記事更新後の経過について、少し残しておきたいと思います。

 

 前回の記事更新後、主治医の診察がありました。

 主治医も「今回もうまくいくと思ったんだけど」としょんぼりしておりましたが、私の気持ちを汲み取りつつ、流産の原因と思われることと今後の可能性について、また治療再開時期について説明してくださいました。

 その時は私から、再度流産することがこわいこと、もう子どもは諦めようかと考えているということも話しました。

 すると、主治医は「あなたも助産師だからわかっていると思うけど」と前置きしたうえで、流産はなくならないこと、妊娠を望む以上は起こりうることだと考えた方がよいことを説明してくださいました。そして、今回の流産はおそらく胎児側の要因であり、アンラッキーな出来事だったこと、そして、今残っている卵も充分妊娠の可能性があるのだから悲観することはない、とも。

 ただ、治療は次の月経が来たら始められるが、義務感や焦燥感から再開してはいけないと言われました。少しでもまた頑張ろうという気持ちならOKだけどと。

 こういった説明を丁寧にしていただいて、診察は終了しました。

 悲しみと不安だらけだった私の気持ちは少しすっきりしたように感じました。

 

 それから数日後、夫が手配してくれ、一人目を流産した時と同じお寺で供養をしていただきました。

 お坊さんが「きっと空の上からお姉ちゃん(娘)を見守っててくれますよ」と温かく声をかけてくださり、思わず涙がこぼれました。娘も初めての場所、しかもいつもと違う雰囲気の中で泣きそうになっていましたが、供養が終わるまでなんとか耐えてくれました。

 

 こうして供養を終え、娘のお世話に追われて日常を過ごすうちに、まだ悲しみは残るものの、自然と「また治療を頑張ってみようかな」という気持ちになりました。

 夫も「あんな辛い思いをするくらいならもういいかなと思っていたけど、ここで諦めたら今回来てくれた子が悲しむような気がする。やっぱりもう一人子どもがいたらいいよね」と言うようになりました。

 どこかで区切りは必要ですし、延々と治療をする気はありませんが、近々もう一度治療にチャレンジしてみようと思います。

二度目の流産

 胎嚢確認まで順調だった今回の妊娠。

 何の予兆もなく、突然、流産してしまいました。

 

 前回のブログ記事をアップした翌日のこと、娘と出かけた図書館で突然の出血がありました。

 慌ててタクシーで帰宅したものの出血は止まらず、病院に電話。

 これはもう、流産の出血だと確信していました。

 そのため診察の指示を仰ぐために電話したのですが、対応してくれた看護師さんは、「出血はよくあること。どうしてもというなら来てもいいけど、来てもすることがないから。ホルモン補充はやめないで続けて」という感じで、イマイチこちらの切迫感が通じませんでした。

 その後、下腹痛が出現、出血は増え続けて、ものの2時間くらいで残念な結果になってしまいました。

 全て終わったことを悟ってから、再度病院に電話して状況を説明し、翌々日に受診することになりました。

 

 翌々日に受診したところ、エコーで胎嚢は確認できませんでした。

 流産の診断がくだりました。

 

 

 流産はこれで2回目です。

 まさかまさか、また流産するなんて。

 頭の片隅に流産の可能性はいつもありましたが、こんなにあっけなく流産してしまうとは思いもよりませんでした。

 何がいけなかったんだろう、どうしてこんなことになってしまったんだろう。

 ぐるぐると同じことを考えてしまうばかりです。

 38歳という年齢、赤ちゃん側の染色体異常などが考えられますが、ここまで順調だったのになぜ、という思いが強いです。

 

 今はまだ、次の治療のことは考えられません。

 こんなに辛い思いをまたするかもしれないのならもういいかな、娘を授かっただけで充分かなと思っています。

 夫も同じようです。

 明後日主治医の診察があるので、今後のことも含めて相談しようと思っていますが、虚無感ばかり感じる毎日です。

 

 早く元気になりたいけれど、なれない、そんな日々を過ごしています。

 支離滅裂な記事で読んでくださった方には申し訳ない限りです。

 また落ち着いたら、状況をつづっていきたいと思います。

 

 

胎嚢を確認できてホッ

 先週末、胎嚢確認のために病院へ行ってきました。

 早めに着いて採血まではスムーズだったのに、エコーまでの時間が長かったこと・・・。

 2時間半経ってようやくエコーできました。

 結果、胎嚢確認できました。

 ちょうど5週0日で、大きさは6mm。

 娘の時に比べると結構小さく、また平均よりも若干小さめなので心配でしたが、医師から大きさは気にしなくてよいと言われました。

 まあ、とりあえず、子宮内に確認できたので第2段階はクリアです。

 次は2週間後の心拍確認です。

 これまたドキドキ・・・。

 心拍確認までが長いですね。

 それに、確認できてもまだまだ不安だろうな・・・。

 心拍確認の前には、内分泌代謝内科の受診もあります。

 先日はTSHが正常範囲ではあるものの若干高めだったので、これまた心配なところです。

 

 心配の種は、探せば探す程出てきますね。

 できるだけ、心穏やかに過ごしたいと思います。

判定日

 先週末、判定日を迎えました。

 結果、妊娠判定が出ました。

 主治医は「充分いい数値ですよー」と具体的なHCGの数値は教えてくれず、私も聞きもしませんでした。

 なんとか着床してくれましたが、これからまだ先は長く、どうなるかはわかりません。

 無事に、胎嚢確認、心拍確認、現在の通院先卒業となればよいのですが。

 妊娠は本当に奇跡の連続なので、祈るように毎日を過ごしています。

 

 今回も私は今のところ何の症状もなく、元気なのが何よりです。           

誕生日に移植

 昨日、移植してきました。

 移植したのは4BBの胚盤胞です。

 2回目なので流れがわかっており、1回目よりは落ち着いて移植に臨めた気がします。

 移植後、エコーで子宮内に白く光る卵が入った培養液を見ると、「どうかうまくいきますように」と祈らずにはいられませんでした。

 

 それにしても、前回からたった2年しか経っていないのに、システム等がいろいろ変わっていました。

 前は、移植後は台からストレッチャーに移され、腰を高くして20分安静だったのですが、今回は台から自力で降りて部屋に戻り短時間安静にすればよかったので、何となく拍子抜けしました。

 色々とエビデンスがないことは変わっていくのでしょうね。

 判定日までも2回くらい通院していたのが、今回は移植したら次の来院は判定日ということでした。

 これは、娘を連れて行くのが大変なので有難い変更点でした。

 

 判定日は来週末。

 なんとかうまくいってほしいですが、そううまくいかないことでもあるので、あまり期待せずに穏やかに過ごそうと思います。

不妊治療再開しました

 バタバタしていて、すっかりブログから離れていました。

 こんなに書かなかったのは、ブログを開始して初めてです。

 

 さて、ブログから離れていた間ですが、残念ながら念願の自然妊娠は果たせず、先月から不妊治療を再開しました。

 凍結胚があるので、移植周期からスタートです。

 今回もホルモン補充周期を選択しました。

 明日、移植の予定です。

 そして、明日は私の誕生日。

 まさか、誕生日に移植するなんて思いもしませんでしたが、こんな経験もなかなかないのでいいかな。

 子どもがいる中での不妊治療もなかなか大変なので、なんとかうまくいってほしいものです。

 

ベビーカーの不便さ

 娘は先日、1歳2ヶ月になりました。

 現在は体重が11kg目前となり、ストッケの抱っこ紐での移動が辛くなってきました。

 そこで最近、軽量ベビーカー(コンビのF2plus)を購入しました。

 結局はぐずった時など抱っこが必要な時も多いので、抱っこ紐とベビーカーの2本立てで出かけていますが、少しでもベビーカーに乗ってくれるととても楽です。

 ですが、いざベビーカーを使ってみると不便さを実感することが多く、重さ問題さえなければ抱っこ紐の移動がいちばんスムーズなことに気づきました。

 

エレベーターに乗るのに時間がかかる

 ベビーカーを使用していると、階段やエスカレーターはベビーカーを畳んで子どもを抱っこしないといけないので、そのまま階上階下へ移動するにはエレベーターを利用することになります。

 まず、このエレベーターを見つけるのに苦労します。

 エレベーターは奥まった場所にあるのでなかなか見つからないのですよね。

 また、やっと見つけてもスムーズに乗れないのです。

 先日、家族でデパートに行った時のこと。

 3基あるエレベーターの内、1基は自分たちがいる階には止まらず、1基は各階止まりのエレベーター、最後の1基は車いすとベビーカー優先エレベーターでした。

 つまり、実際乗れるのは2基しかないのですが、なかなか来ません。

 やっと来たと思ったら、満員で乗れないのです。

 満員のエレベーターを見送ることを何度か繰り返し、ようやく15分後に乗れましたが、たった2階だけ上への移動なのに、こんなに時間がかかるものなのかと驚きました。

 そして、娘がベビーカーで寝ていたためにエレベーター移動をしたのに、その移動の際の色々で結局娘は起きてしまい、さらにがっかり・・・。

    エスカレーターで先に目的階へ着いていた夫も、あまりにも時間がかかるエレベーター移動にビックリしていました。

 

   そのほか私が経験したのは、エレベーター待ちの列の先頭に並んでいても、エレベーターが到着するやいなや、後ろの人に抜かれてしまって結局乗れなかったパターンです。

   これも一度や二度じゃなく、何度かあります。

    こちらはベビーカーだし場所もとるし、エレベーターから降りる方が降りてから乗ろうとすると、その前に、降りる方とすれ違いながらどんどん乗る方が乗っていき、そうこうしているとベビーカーが入るスペースがなくなってしまうのです。

    あとはあからさまに、横入りされたことも。

    これが現実か…とちょっと悲しくなりました。

 

ベビーカーを畳めばよい?

  ベビーカーをめぐる議論はこれまでにもたくさん繰り返されていますし、状況について把握しているつもりでしたが、ここまでとは想像していませんでした。

 妊娠前はもちろん、妊婦の時もエレベーターの待ち時間が嫌で階段やエスカレーターを積極的に使っていたので、ベビーカーを使って初めて不便さがよくわかりました。

 駅の出たい出口にエレベーターがない場合も多く、違う出口から出たり、ベビーカーを畳んで子どもを抱えて階段やエスカレーターを使ったり。

 バリアフリー化が早く進んでほしいと切に願います。

 あと、こういう話をすると必ずと言っていい程「ベビーカーを畳めばよい。狭い電車、バス、エレベーターでベビーカーを畳まないのは非常識」とか「混雑するのがわかっている場所でベビーカーを使うのが非常識」「そもそも、混む電車やバス、デパートでベビーカーを使うな」という意見が聞かれ、なんだかとても淋しい気持ちになります。

    状況によっては畳むことが必要な場合もあるのでしょうが、揺れる電車やバスの中で片手で子どもを抱っこして荷物を持ち、片手で畳んだ自立しないベビーカーを支えるとしたら、かえって子どもを危険な目に晒すことがあります。

    最近になって、国土交通省は「公共交通機関等を利用する際には、ベビーカーを畳まなくてもよい」と呼びかけ、ポスター等で啓発活動をおこなっています。 こうやって、国が動かなくてはいけない程ベビーカーがよく思われていないことはとても残念です。

   マタニティマークを使用していた時も思いましたが、妊婦や子連れに厳しい世の中では少子化なんて解決しないですよね。

    もちろん、私自身もベビーカーを使用する時には周囲の人の通行などの邪魔にならないように充分配慮したいと思います。

    

 

 余談ですが・・・

    私は外国暮らしをしたことがないのでわかりませんが、子育てしやすい国ではやはりエレベーターやスロープが充実しているのでしょうか。

 日本に比べて外国のベビーカーはかなりゴツいので、それでも移動しやすいというのは魅力的だなと思います。